3月4日 注目レースの再考

markusspiske / Pixabay

キールだじょ!!

2018年3月4日・中山7R・4歳上500万下・ダート1200mの再考です!

 3月4日・中山7R・4歳上500万下・ダート1200m

1着馬 3枠6番 スズカゴーディ 勝時計:1:13.0 上がり3ハロン:36.7秒

3月3日・3月4日 Kir注目馬の結果&お試し馬券の結果
キールだじょ!! 2018年3月3日・3月4日:Kir注目馬の結果とお試し馬券の結果です!

上の記事も書きましたが、スズカゴーディは出遅れ(と見え)たスタートから、大マクリで1着入線!すごいなっと思ってパトロールビデオを見返したら、スタート直後、内5番のウォリアーズクロスにぶつけられた不利がありました。

そのスタートから下のグラフのレースラップを走りきっての1着でした。

通常ゆるむテン3ハロン目が12秒台にならず、その分上がりの3ハロンは12秒半ばで進む展開。

 

前日の3月3日よりは時計のかかる馬場で、勝ち時計そのものは速いとは言えませんが、そのタフな馬場をマクリあげて勝利するのはかなりの能力と思えます。

スズカゴーディ自身のラップは以下のとおり。

テンはスタートの不利のため、後ろからの競馬になっています。スズカゴーディ自身は、向こう正面からずっとエンジンをふかして3角で7番手。その後馬場の中央あたりから直線入り口に向けて大外を回って、4角では5~6番手。

先に抜け出したミッキーワインを追い詰めて、1馬身3/4(0.3秒)差で勝利しました。

JRAのビューアーなどで確認すると、スタート直後から1頭だけ違う脚色で最後まで伸びての1着。この勝利は価値があると思います。

キールの指数的には、相手関係もありますがなんとか1000万下でも勝ち負けラインにいけるかなーという感じです。スタートがスムースにいけばかなり期待できると思っています。

都合の良い感じで言うと、次走昇級で1度負けてもらって人気の下がったところでねらいたいなーと思います^^;

次走以降もねらっていこー!!

 

勝因・敗因分析
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
Kirをフォローする
放置少女 号令天下!Kirの「戦力0からの放置少女」日記

コメント