アサーティブコミュニケーションスキル

Katrina_S / Pixabay

きーるだじょ!!今日は「アサーティブコミュニケーション」というものについて、つらつらと考えていることを書きたいと思います。

いきなり「アサーティブコミュニケーション」なんですが、この記事を書こうと思ったのは、昨夜から今朝にかけての出来事が関係しています。

ざっくり言うと、「大して親しくもない相手が、たくさんの人の面前でわたしが『嫌がらせ』を他人にしていると非難した上で、個別の話の場で一方的にわたしが悪いと言われ、一方的な要求をされた」からです。

で、本題のアサーティブコミュニケーション。きーるはとある企業の人材育成担当でした。新採用職員から役付き職員までの研修と教育を担当していました。過去形なのは、この4月から部署が変わり、まったく別の業務担当になるからです。

企業組織というのは「人、モノ、金」の三つがそろっていなければなりませんが、「モノ、金」を準備するのは、いわゆる経営陣の責任です。「人」については、現在の労働市場の動向に左右されるわけですが、きーるの勤める企業もその荒波にもまれています。

「採用」というのは、ある種の「賭け」です。「できるだろう、やってくれるだろう」と見込んだ人材が、その期待どおりに働いてくれたら問題ないですが、なかなかそうもいきません。

また、採用後にきちんと業務を伝え、独り立ちして業務遂行できるようになるには、長い期間と指導が必要です。

最近では、わざわざ「コミュニケーションスキル」をあらかじめ伝え、演習という形で体験して身につけていく必要が出てきています。

そこで!その中身として採用しているのが、タイトルの「アサーティブコミュニケーション」スキルなんです。

私、数年前に自腹を切って「基礎コース」「応用コース」を受講してきました。その内容をアレンジして、「内部研修」に利用させてもらっています。演習という名の「体験学習」をしなければこの手のスキルというのは身につきませんから、グループを作ってその中で「ロールプレイ(役割実演)」を繰り返し、互いに意見をフィードバックしていくことを繰り返します。

アサーティブコミュニケーションの最重要ポイントは、

「自分と相手を共に尊重するコミュニケーション」です。

自分を殺して従うのでもなく、自分の気持ちだけを主張してやりこめるのでもなく、互いの気持ちや背景を尊重し合いながらも、言うべきことを言っていく、というスキルです。職場では特に必要になります。

なぜなら、そのように自分の言うことも聞いてもらえ、相手の言う事にも耳を傾けるということは、結果がどうなるにせよ、両者間の人間関係を維持し、良好なものにしていく努力そのものだからです。結論は正反対でも、両者が十分相手の気持ち、背景を汲み取って話し合えたら、しこりは残りません。相互に尊重しあう関係を保つことができます。

そのために4つのポイントがあります。

1)誠実:自分に対しても相手に対しても誠実であること。自分の心がどう感じているのかしっかり感じた上で、誠実に相手に向き合うこと。
2)対等:上下、年齢、役割が違っていても、人間として対等であることを忘れない。
3)率直:気持ちや要求(お願い)を伝えるときには、相手に率直に向き合い、顔を見ながら伝える。主語を「私」にする。「みんなが~」「上司が~」など第三者を介さずに伝えること。
4)自己責任:コミュニケーションの半分は自分の責任。言ったなら言ったなりの、黙っているなら黙っているなりの、自分の行動の結果を自分で引き受ける。

この4つのポイントを具体的な場面、例えば「率直に断る」「率直に要求を伝える」などに即して、体験学習つまり「ロールプレイ」をしていくわけです。

この観点でいくと、昨夜から今朝にかけてのわたしに向けられたやりとりは、まず「誠実」ではありました。主張の根拠は、「誰それがこう言っている」という伝聞でしかありませんでしたが、気持ちは伝わりました。

※20190320追記:良く考えたら「誠実」ではありませんでした。自分自身は「不快」ではないと言っておきながら、「他者の代弁」として伝えてくる、というのは「自分の気持ちに誠実であるとは思えません」。その他者と「同じ考えである」というならまだしも、「自分はなんとも思っていないが、他者が不快だからやめろ」というのははっきりと不誠実だと思います。気持ちは伝わりませんね。

「対等」でした。別段上から目線で言われたわけではありませんでした。

「率直」ではありませんでした。「私は~~~」という投げかけではなく、すべて「誰それがそういった」「誰それはそう思っている」という形式で伝わってきました。「誰それ」という限定も少なくて、「みんな、そう思っている」という主張でした。

「自己責任」は取られたと思います。自分の所属を変えて、自由にモノが言えるようにされました。逆に言うと、そのままの所属でいるのであれば、私に要求できるようなものではないと気づかれたのかな?とも思います。

わたし自身が常に4つのポイントを活用できているわけではありませんが、「みんながそう思っているからそうなんだ」という論理を首肯できません。「みんなが戦争しようと思っているから戦争する」のかな?

みんなが違う、と言っていても「そうである」という事態は、むしろ多いです。個人に対して「みんながそう思っているんだから」という根拠で、説得できるほうが希です。

私は仕事では、「みんながそう思っていないこと」は「実はそうなんだ」とか、「みんながそうだと思っていること」は「実は違っているんだ」ということを説得していく繰り返しです。今のままでよいとみんな思っているけど、「実は違う」。そんなことが多いです。

だから、「みんながそう思っている」ということが仮に事実だとしても、私に対してはまったく説得力がありません。「みんながそう思っている」ことが正しいことだと主張することに、いったいどんな根拠があるというのでしょう。

わたしは「めんどくさい人」です。自分が納得しなければ動きません。そのかわり一度納得して理解できれば、「行動」します。

さて、どうなりますやら。仕事の引き継ぎ書、つくってきます!こんな感じでいってみよー!!

コメント